\ガクチカの最新情報・イベント情報を受け取ろう/
無料会員登録

キャリア,コロナとガクチカ

みなさんこんにちは! 突然ですが、みなさんは就活に「早期内定」があることはご存じでしょうか ...

キャリア,コロナとガクチカ

コロナ禍で増加傾向にあるスカウト型就活についてみなさんは、どの程度理解していますか?また、 ...

ES,キャリア,留学,長期インターン

今回は、海外インターンでの経験をESに活用した例をご紹介します! 新商品開発のインターン経 ...

キャリア,コロナとガクチカ

みなさんこんにちは! もうすぐ企業主催のサマーインターンへの応募が本格的に始まる時期ですが ...

キャリア,コロナとガクチカ,趣味

皆さんこんにちは。 新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛を求められたり、アルバイトのシ ...

学生起業

こんにちは!いつもありがとうございます。ガクチカ編集担当です。 いきなりですが、「スタート ...

キャリア,コロナとガクチカ,学生生活コラム,学生起業

皆さんこんにちは。 新学期開始から1ヶ月が経過し、新たな生活にも徐々に慣れてきたという方も ...

ES,キャリア,コロナとガクチカ

みなさん、就活対策で行う「業界分析」「業界研究」について、やり方は?目的はなに?という疑問 ...

ES,キャリア

みなさんこんにちは! 突然ですが、みなさんはグループディスカッションに種類があることをご存 ...

ES,学生団体,部活

エントリーシート提出時に多くの企業で提出が課される400字のガクチカ 。 先輩達が見事内定 ...

キャリア,コロナとガクチカ,長期インターン

こんにちは!いつもありがとうございます。ガクチカ編集担当です。 いきなりですが、「フードロ ...

キャリア,学生団体

皆さん、こんにちは! 昨今、日本でもジェンダーの平等に対する課題意識が高まりつつあります。 ...

ES,コロナとガクチカ,長期インターン

エントリーシート提出時に多くの企業で提出が課される400字のガクチカ 。 先輩達が見事内定 ...

留学

大学生向けサービス「キャンボード」×「ガクチカ」コラボ企画!コロナ禍で留学した大学生に留学 ...

キャリア,コロナとガクチカ

「3年3割」 みなさん、上記の言い回しを聞いたことありますか? 「3年3割」というのは、新 ...

キャリア

みなさんこんにちは。 大学生のみなさんは絶賛春休み中でしょうか? 新学期が近づくこの季節、 ...

キャリア,長期インターン

こんにちは!新大学1年生のみなさん、もう働く場所は決めましたか? 大学入学に合わせて、生活 ...

キャリア

春休みは自分の今後のキャリアや就活のことについて考えるとっても良い機会ですよね! 特に23 ...

キャリア,コロナとガクチカ

こんにちは!いつもありがとうございます。ガクチカ編集担当です!みなさん、結婚後、出産後にお ...

キャリア

こんにちは!いつもありがとうございます。ガクチカ編集担当です! 先日2月25日に開催された ...

キャリア,コロナとガクチカ

こんにちは!コロナ禍の就活は今までの就活と様相が違って心配だなと感じている学生はいませんか ...

キャリア,コロナとガクチカ

中津川智美教授プロフィール 所属常葉大学 経営学部 経営学科職名教授/経営学科長/副キャリ ...

キャリア

イベント内容について 「就活って何から始めればいいの?」 「OB訪問って何のためにするの? ...

学祭

みなさんこんにちは。2021年が始まり、「今年こそは何か大きなことを成し遂げてやる!」そん ...

ガクチカ とは

ガクチカ とは、就職活動で必ずと言っていいほど聞かれる、「学生時代に力を入れたことはなんですか?」という質問です。

大学生活は長いようで短く、人それぞれ様々な時間の使い方が存在します。部活、サークル、アルバイト、留学、長期インターン…など。4年間という限られた時間の中でどんなことに挑戦するのか、そしてそれを意味のあるものに変えていくかどうかは、あなた次第です。

大学生取材メディア「ガクチカ」は、そんな何かに打ち込み充実した生活を送る、独自性に富んだ大学生を取材し、発信することで、「こんな大学生もいるんだ」と知ってもらい、「自分は何をすればいいの?」から「自分もやってみよう」のキッカケを生み出すことをミッションとしています。


体験別ガクチカ

社会人としての経験を学生時代から積みはじめる長期インターンは、本格的に実行している人が多くはありません。また長期インターンで本格的にビジネス経験を積むことはビジネスマナーを身に着けるだけではなく、将来自分が何をすべきかという視座を高めるキッカケにもなります。長期インターン経験を知って、ガクチカの選択肢を広げましょう。

コロナ禍で留学できない…そんな悩みを抱えている方も。そんな中には、留学をするために休学して機を待つ大学生もいるようです。オンラインでの留学って実際どうなの?留学行ったらどんな経験ができるのだろう?という疑問に応えるアメリカ留学ベトナム留学シンガポール留学など、取材記事を読んで検討してみましょう。

日本中には非常に多様な学生団体が存在します。国際関係とひとくくりに行っても、看護や自立支援など目的はさまざま。同じ目的で集まった仲間と、ひとつのゴールに向かう経験は就職後にも生きる経験が多いです。学生団体を通じた経験をガクチカに。

大学に入ってまで部活を頑張るの?就活に有利なの?という疑問にお答えします。大学の中でも、サークル活動という形で好きなスポーツや音楽を楽しむ人がいる一方、楽しさ以上に「成し遂げる」という気持ちが強い人こそ大学では部活をやるべきかもしれません。バイトとの両立など、悩みは尽きませんが、最終的には熱中して取り組むことがガクチカになるのではないでしょうか。

大学教授や公益社団法人など、研究や調査などから就職活動やキャリア形成について取材した記事がたくさん!グローバル社会を生きてゆく上で必要なことや、結婚後の産休・育休を見据えたキャリア形成など。ぜひ新卒採用の事だけでなく、自分の将来を作るためにも学生時代を充実させて、ガクチカにしていきましょう!

ビジコンへの参加が学生起業の一歩になったり、アプリ開発を通じた起業など、自分で時間のコントロールできる時間が多い大学生時代だからこそ、本当にやりたいことに力を注ぎたいところ。就活のためのガクチカではなく、熱中した結果がガクチカなのかもしれません。そんな熱中の選択肢に学生起業を考えてみませんか?

内定をもらえる凄いガクチカの表現方法を探している方、ちょっと待ってください!

見かけだけ凄いガクチカが表現できればそれでよいのでしょうか?

今まさに就活中の方にとっては、テクニックを知って何とか乗り切りたいと考えている方もいると思います。残念ながら「ガクチカ」はテクニックを得るメディアではありません。

ガクチカのエピソードには、あなたの人柄や価値観、モチベーションの源泉、論理的思考や思考の深さや視座の高さなどが表現されます。ガクチカを結論、動機、具体的な活動内容、結果、今後の課題という順序で説明することで、採用担当者に伝わりやすくなります。結果として仕事を始めたときにも成果を出せる期待を評価する方もいると思います。また、定性定量の評価をしながら、計画・実行・チェック・改善というPDCAサイクルを回すことができることを示すこともできるでしょう。さらには失敗エピソードを通じた解決力、推進力、あきらめない強さなどを伝えることもできると思います。

これらはすべて表現方法の話であり、表層の部分です。貴重な学生時代の時間を表現力だけで評価される自分で良いのでしょうか。

ガクチカで重視するのは「何をやったか」ではなく、「どう頑張ったか」「どう社会人になったときに活かせそうか」だと言われることもあります。これは、学生生活で何もやらなくても何とかなるという意味ではありません。多くの就活生は就活になってから自己を振り返り、思い悩むためにそのような解説が増えるのかもしれません。

本質は、学生時代をどのように生かして、なりたい自分に近づくかです。本当に熱中し取り組み、経験を通じて実績を積むことが、将来の自分への自信につながります。始めることで遅いことはありません。ぜひ人生の先輩方への取材記事を通じて視座を上げ、選択肢を広げ、就活のためだけではない本来のガクチカを手に入れましょう。


ガクチカの書き方に悩んでいて、例文や実際の内容を読みたい

ガクチカは就活テクニックを得るメディアではないとお伝えしました。

一方、「自分にはガクチカと言えるような経験がない」と悩んでいる就活生がいる事も軽視できません、

そんな悩みを持つ方はまず、長期インターン経験のガクチカでコンサル業界に内定したリアルガクチカを読んで、参考にしてみましょう!今後もエントリーシート(ES)のカテゴリで体験別のリアルなガクチカを紹介していきます。

あなたが大学1年生や大学2年生なら、就活時期になって慌てる必要が無いように「ガクチカ」の取材記事を読んで自分の将来を考えはじめましょう。また、先輩の体験を知ることで、これから熱中することを見つけると良いでしょう。

あなたが大学3年生で今すぐガクチカをエントリーシートや面接で語らないといけないのであれば、自分の入学後の経験を振り返ってみましょう。果たして本当にガクチカはないのでしょうか?

部活、学祭、留学、アルバイト、ゼミ、一人暮らし、趣味など様々な内容をガクチカとして就職活動に挑んでいる方が多数います。学生生活を振り返ってみましょう。


ガクチカと自己PRと志望動機に一貫性がないと悩んでいる就活生の方へ

人は多様な側面を持っています。ゆえにすべてに一貫性を出せるわけではないと思います。一貫性が大切というのは、採用担当者の方にご自身の事をわかりやすく伝える一つの手段です。一貫性を持たせるために過剰に盛ったり、経験をしていないことなのに嘘をついてまで一貫性を持たせる必要はありません。偽った自分で内定をもらったとしても、どこかで歪みが生まれるのではないでしょうか。

一貫性が出せないという悩みの本質は、きちんと自己分析を深められていないことや、自己分析を通じてどんな仕事をしていきたいか深められていないという事かもしれません。それだけでなく、志望動機を表現する中で、企業を詳しく知り、相性を正しく判断することも必要です。

その相性を図るエピソードとして、表現するのが自身のガクチカのひとつを選んでほしいと思います。そうすることで自分にとっても、採用担当者にとっても、納得のいく結果につながるものと考えます。ぜひ自分と会社や社会を結ぶ最高のガクチカを経験して、表現してくださいね!


アルバイトをガクチカで書いたらダメって聞いて不安なあなたへ

大学生時代頑張ったことが、アルバイトしかないけれど、バイトをガクチカに書いたら落ちる…って聞いたことはあります。実際に採用の現場では、アルバイト経験を語る就活生は多くいます。間違ってほしくないことは、アルバイト経験がだめなのではないということです。

では、なぜそうやって言われるのか?

それは、アルバイトすること自体に価値があるわけではないからです。アルバイト自体はアルバイト先を選り好みしなければば何かしら始められる方が多いと思います。そして、その中での経験は似てしまう事が多いです。

居酒屋やカフェやスーパーなどの接客業であれば、お客様のニーズに対応するために何かをしたら喜んでもらえたという経験は生まれやすいです。また、バイトリーダーとして、仕入れの調整や在庫管理、シフト管理、新人教育など、経験を語ることはできるかもしれませんが、経験した事実だけではあなたの魅力にはなりません。

では、どのように、アルバイトの経験を充実させれば、ガクチカといえるのでしょうか?


まず、あなた自身の具体的な介在価値を作りましょう。どのような職場であっても、完璧であることは少ないです。あるべき姿と現状のギャップがあれば、そこにやるべき事があるはずです。

①どのようにその課題にたどり着いたのかという考察力

②解決策を模索し、取捨選択して実行し、成果につなげる課題解決力

③行動を起こした原動力や行動の中で醸成される価値観

これらの力や経験があれば、十分に採用後に活躍できる期待感を持ってもらえることと思います。もちろん、アルバイト先でそのような機会がないという方もいるでしょう。それならば、これから他の経験や機会を探すのも一つの手です。インターネット上の例文を形式だけ似せて、書き方だけブラッシュアップしても、あなたの経験は変わりません。いつからでも遅くないと思います。本当に経験すべきことを探していきましょう。